スタジレッスン大切基本ポイント

大切な基本は習慣に癖になるまで繰り返そう!

レッスン前に一読するだけで何倍も学びが多くなる

ステップを覚える前に『相手の名前を覚える』など、気持ち良く踊るには大切であり近道なんです。みんなでリラックスして踊れるに繋がるからですね!

  • これらの基本ポイントを意識して練習すれば、動きの質が向上し、どんどん上達でき心地よく踊れます。

    組み方:

    ①優しく触れるだけで十分なんです。
    力を入れず、軽く触れるようにしましょう。

    ②相手を優しく支える感じです。
    相手を支えるように、受け入れるように、優しくサポートします。介護の感覚と似ています。

    ③肘の高さを目安にします。
    組むときの手の位置は、肘の高さを目安にしましょう。身長差がある場合はその中間を目安に。

    ④お互いのセンターで組むようにしましょう。
    自分と相手の中心を意識して、お互いのバランスを保ように組みましょう。

    ⑤脇にテニスボールが入るくらいのスペースを空けて組みましょう。

    ⑥軽く触れるだけで、お互いの動きや体重移動を感じるようになれば、リード&フォローを行わなくても理解できるようになります。

    ⑦実は、手先だけでリードやフォローをするのではありません。体全体でリードやフォローを行うことを意識しましょう。手のひらは、最後に動きを優しく整える感覚です。

    ⑦相手を受け入れる
    手先からではなく、胸から開くように手を広げます。優しくハグ、体全体でウエルカム的な感覚です。



    最初に行う上半身運動:
    こちらで上達度がわかるぐらい重要な練習です。体全体のバランスが大切になります。



    同じ力で、同じ速さで動くこと:
    力や速度を一定に保つことで、スムーズで一貫性のある動きが生まれます。

     

    指先を柔らかくして、空間に絵を描くように:
    指先を柔軟に使い、まるで空中に絵を描くように動かしましょう。

     

    勢いで動かず、クッションに跳ね返るように:
    力をコントロールし、クッションのように柔らかく動くことを意識しましょう。

     

    力を全身に均等に分散し、全ての関節を使う:
    一箇所に力を集中させず、体全体でバランスよく動きます。

     

    目線を水平に保ち、バランスよく回転する:
    目線を上下に動かさず水平に保つことで、回転やバランスが安定し楽になります。

     

    自然なステップ:
    歩くように自然なステップを心がけましょう。気持ち良く踊るには一番必要なことなのですが、これがなかなか難しい。普段の生活でバランスが崩れている事があるので、逆に自然な動きが不自然に感じる事があります。

     

    股関節から動かす:
    足全体を動かすために、股関節から動かすことを意識しましょう。

     

    前後 左右のステップ:
    左右にステップする際に、足をスライドさせたり、横に上げるのではなく、その場で足を真っ直ぐ上げてからゆっくり横に動きます。

     

    パターンが変わるとき:
    慌てずにステップを終えてから、または体重を移動させてから次の動きに移りましょう。

     

    ゆっくり動き、コンパクトなステップ:
    上手くいかないときは、自分が思うよりゆっくり動き、ステップも小さくコンパクトにし調整する事で徐々に動きがあってきます。

     

    回転や向きを変えるとき:
    足からではなく、目線や上半身の軸から動かすことを意識しましょう。車の運転と同じで、曲がる際にアクセルを踏まない。急発進しないです。

     

    歩くようにステップを練習する:
    基本ステップを移動しながら行い、自然な動きを身につけましょう。

     

    余計な力を抜く事が大切です:
    ダンスを難しいと考えてしまい、無意識に力で動いてしまいがちですが、「歩ければ踊れるダンス」ですので筋力も力も必要ありません。力を抜く事を意識して練習しましょう。 

  • ブラジル文化の大好きなところ:
    どんな状況も楽しさに変えるブラジル文化の精神を持ちましょう。 
  • ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

初めてのダンスレッスン
予習・復習動画
基本ステップ

サルサ前後ベーシック
最初は難しく感じますが、
何回も繰り返す事で必ず踊れますよ!
ボサノバ【オープン・サイドステップ】サルサ前後ベーシックより、踊りやすいと思います。
ズーク前後ベーシック
歩くようなステップですが、最初は難しく感じるかもしれません。一度スタジオレッスンに参加すると感覚を掴めます。。また、何回も繰り返す事で必ず踊れますよ!
サルサ前後ベーシックを行いながら、上半身を動かします。上半身を動かす事で、ステップが崩れてしまいますが、気にせず、上半身を動かす事が上達の近道なんです。
難しいというより、混乱してしまう感じですが、繰り返し練習する事で、徐々に動きが合ってきます。このステップを覚えると踊れている感が得られます。
これだけ覚えるだけで、結構、サンバが踊れるです。スタジオでぜひ体感くださいね。
歩くように、足踏みするように踊る事が大切です。呼吸をするように動くことも大切です。
フォロワー編 エスコートは、回り込まずに、リーダーに向かって真っ直ぐ自然に歩くようにステップしましょう。リーダーの方が場所を作ってくれます。

小見出し

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

モノマネが上手く出来ない時の具体的なアプローチ

このようにステップを踏むことで、より効果的にモノマネが上達し、少しずつ自信がつき、続けることで必ず成果が見えます。応援しています!

モノマネは一番シンプルで効率的な練習方法なんです。

  • 自分が感じるより2倍ゆっくり動く:
    ゆっくり動くことで、体の動きやポーズをしっかり確認しながら実行できます。焦らず、一つ一つの動きを意識することが大切です。
  • コンパクトにステップする:
    大きな動きよりも、小さなステップで確実にポジションを取ることで、バランスやリズムを掴みやすくなります。
  • カウントを声を出して数えながら行う:
    カウントを声に出すことで、リズムやタイミングを体に覚えさせることができます。音声化することで、脳へのインプットが強化されます。

  • なんとなくでOK!継続する:
    繰り返し行うことで、徐々にステップが体に染み込みます。練習を重ねることで、自然に動きが合ってくる瞬間を感じることができる。
  • ミラー練習:
    鏡の前で自分の動きを確認しながら行うことで、視覚的にもフィードバックが得られます。
  • ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

何歳からでも始められる

還暦になったらダンスを始めよう

【貴方もこんな風に踊れる】

New York Salsa on1 Cuban Salsa
https://danceclub.jp/NewYorkSalsa

Zouk Love Lambada
https://danceclub.jp/ZoukLambada

Bossa Nova Samba de Gafieira 
https://danceclub.jp/BossaNova

Carnival Samba 
https://danceclub.jp/Samba

チャレンジ
ダンスレッスン
経験者